NAO LINGERIE ​ 栗原 菜緒さん

更新日:2020年7月29日



ランジェリーを通じて日本文化を世界に届けることを目指し、見た目の美しさと機能性とにこだわった日本製ランジェリーを作りつづけている「NAO LINGERIE」の栗原菜緒さん。

エレガントでしなやかな一面と、クレバーで力強い一面を併せ持つ 栗原さんに、ブランド立ち上げからこれまでのお話と、自身のスタイルについて伺いました。




「好きなことをやりなさい、

という言葉を素直に受け止めました」




今のお仕事を始めるきっかけ、ブランド設立時のエピソードについて教えてください。


大学を卒業した時は、いまと真逆な世界_____非常勤公務員として省庁で働いていました。高校生の頃から政治や外交に興味があって省庁に入ったのですが、実際に働いてみたら私のフリーダムな性格が、その世界にマッチしてなくって……(笑

私よりも、そういう仕事に向いている方々が他にいらっしゃるな、と思って退職を決めました。



公的な仕事からランジェリーブランドの設立というのは、すごい転身ですね


周りの大人の方から、「好きなことをやってみなよ!」とアドバイスをもらったんです。

よくそういうお話は聞きますが、私は素直に「そうだよな〜」と思って。

中学生の頃から下着がすごく好きだったので、その道を目指すことを決めました。



下着業界での最初のキャリアはどうたったんですか?


商社のランジェリーデザイナー職に応募して、最終選考まで残ったのですが、やはり経験者じゃないと採用は難しくて。いきなりデザイン職は難しいと思ったので、まずは下着の販売職からスタートしました。




地道に販売からキャリアを積み重ねられたんですね


実はその販売職の仕事は半年だけなんですよ。なぜかというと、販売していた商品が補正下着だったこともあり、自分の好きな下着の方向性とは違うなと感じて。

じゃあ 他にどんなメーカーさん だったら働きたいのかな? って考えたときに、自分が好きだったのは、インポートの「アートのような下着」だったということに気がついたんです。でも、インポートには、日本人女性のサイズにフィットするものが少ない。

だったら、アートのように美しい下着を、日本人女性に合うブランドを作ればいい!って思ったんですよ。



1からブランドを作るのは大変だと思うのですが、どういう準備をしようと思ったのですか?


販売職をしていた会社には、「自分のブランドを作りたいので退職させてください」と言って辞めました。でも、デザインや生産の経験が全くないので、どうやって実際にブランドを立ち上げていくのか?そしてどうやって自分の好きな方向性の商品を売っていくのか?と考えたときに、マーケティングやブランディングがすごく大事なんじゃないかって思ったんです。それで、フロムエーで「マーケティング未経験」という募集を探して、建築専門の出版社に入社しました。



− そこで、デザインからではなく、マーケティングやブランディングから始められたというのが驚きです。


ただ、ちょうどその頃(2007年)出版大不況になってしまって…正社員として働ける約束がなくなってしまいました。一人暮らしだったので、とにかく仕事をしなきゃ!と思って、当時のつながりで建築関係のコンサル会社に入れたのですが、自分がやりたい事とかけ離れていくのが、どんどん苦しくなっていったんです。

これは軌道修正が必要だなと思って、2年間働いた後 再び転職活動を始めました。

改めてマーケティングやブランディングを学びたいと思い、ようやく、自分がやりたい事と繋がる企業に出会えました。