株式会社エイタブリッシュ 代表取締役​ 川村 明子さん



20代で友人と起業し、様々な人たちとの出会いを通じて、常にエネルギッシュかつ軽やかに走り続けるエイタブリッシュ代表 川村明子さん。


デザイナー,コンサルタント、飲食店オーナー、絵本作家 etc…様々な顔をもつ川村さんのベースにあるのは、クリエーションとクライアントに対する深い愛情でした。



− 現在の仕事について・今の仕事を始めるきっかけ、会社設立時のお話を聞かせてください


91年〜93年にニューヨークの美大に留学して、デザインの勉強をしていました。 93年の卒業後に日本の企業に入社して、のちに一緒に会社を設立することになる清野に出会ったんです。その後、97年に「ダブルオーエイト」というデザイン会社を立ち上げました。ダブルオーエイトという名前をつけたのは、映画「007」のグラフィックが好きすぎる!!と、いうのと、2人の誕生日に、2と8がつくから、というのが理由です。



− 設立当初から仕事は忙しかったですか?


会社を設立した頃は、企業がホームページを作り始めていた時期で、初めての仕事が大手企業のホームページ作成でした。当時は、クラブ文化全盛期だったので、仕事の後、朝5時まで遊んで、うどん食べて帰って寝る、というような毎日を送ったり、大きな仕事が入ったあとはニューヨークで1ヶ月くらい遊んだり(笑 

まだ女性2人で会社をやっている、というのが珍しかったのと、私たちの作風が女性でも男性でもない、日本人なのか外国人なのかわからない、というところを面白がってくださって、何かしらずっと仕事は頂いていました。遊びに行った先でたくさんの人と出会って、それがまた仕事にも繋がって…という循環がとても面白かったです。



そういう出会いの中から新しい仕事が色々生まれたのですね


最初の事務所は、住居兼の3LDKのマンションでした。周りには、デザイナーはもちろん、スケーターや、サーファーや、グラフティのアーティスト等がたくさんいました。

毎日夕方になると誰かしらが遊びに来て、毎日がパーティ状態。時には海外の有名クリエイターがくることもあったりして、様々なカルチャーが交錯していました。

そんな日々の出会いの中で、2000年に大きなプロジェクトがいくつも重なったんです。

そのうちの1つが、インテリアショップTIME& STYLEの吉田社長との出会いでした。

ちょうど青山に新しいお店をオープンするというタイミングで、吉田社長と色々な話をしていくうちに、一緒にヴィーガンカフェ「Cafe8」をオープンすることになりました。同じ年に、インテリアデザイナーの間宮吉彦さんに声をかけてもらって、堀江(大阪)にあるギャラリー&カフェスペースで個展をやらせてもらったり、仲間と一緒にインディーズ映画5POISONS』 (Eiji Matsui 監督)の制作〜上映イベントも手がけました。


その後、カフェの方もかなり忙しくなってきたので、2003年に「カフェエイト」を法人化して、デザインの仕事と飲食業を別々の会社にしました。





「日々「今日は今日でやり切った!」という実感を持っていたい。究極のポジティブシンキングなんです。」




とてもたくさんのプロジェクトを手がけてこられましたが、そのエネルギーの源は何でしょう?


とりあえず、思いついたことは全部やってみる。常に、自分が死ぬ時に、やり残したことがない状態でいたい。日々「今日は今日でやり切った!」という実感を持っていたい。

究極のポジティブシンキングなんです。



− クライアントワークでも様々なアイディアを提供されていると思いますが、それはどのように生み出しているのですか?


デザインの仕事と飲食の仕事を両立したことで、クライアントに対してブレないアドバイスができるようなって来ました。クライアントと話していると、例えば将棋の人たちが何十手先まで読むように、色んなビジョンが見えてくるんですよ。

そして、何よりも相手に喜んでもらう、目の前にいる人を喜ばせるというのが大事。

クライアントからの相談を形にするときは、「これ、あの人が好きだろうな〜」と相手の顔を思い浮かべて、ニコニコしながらアイディアを書き出したりしています。


デザインを押し付けたり、考えを押し付けたりしない。相手が「わ〜!」って思ってくれることが一番大事だと思っていますし、デザイナー=商業デザイナーだから、結果を出すことが重要です。